FXで為替レートが変動する理由

  • FXで為替レートが変動する理由 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

FXで利益を出すポイントとしてはまず 「為替レートの変動」がどのように推移するか どのように動くかを予測することが大事になります。 為替相場は「変動相場制」であり、 「外貨の需要と供給の関係に任せて、 為替レートを自由に決める制度」です。

「売りたい人」と「買いたい人」のバランス、
「売りたい人が多ければ、値段(為替レート)は下がる」
「売りたい人が少なければ、値段(為替レート)は上がる」
「買いたい人が多ければ、値段(為替レート)は上がる」
「買いたい人が少なければ、値段(為替レート)は下がる」

基本的に需要と供給の関係によって、為替レートが変動するわけです。 しかしFXはお店を構えて直接、商品を売るという 商売ではなく、世界中のあらゆる場所で取引が行われているので 買いたい、売りたいという人がどれぐらいいるのか? という部分においてわかりにくい見えにくい その判断には様々な要因が関わってきます。

各国の経済状態や政治判断など、投資家によって どの要素、理由でもって売り、買い、の決断を下すのか それぞれ違ってくるため、為替レートの変動を予測するのは 難しい面があるのです。

Xの円高・円安の意味

FX取引を行う上では、少なくとも「円高」「円安」という意味を 知っておかなければなりません。
円高とは円が高い(円の価値が高い)
円安とは円が安い(円の価値が安い)
ということです。そのままですが・・・
しかし

「円高」「円安」という言葉から受けるイメージと、 実際の金額のイメージが異なり、逆に勘違いしている人もいます。 わかりやすく説明しましょう。

今日は1ドル=110 円だとします、
翌日、1ドル=100円になりました

昨日は1ドル買うのに110 円必要だったのに、次の日になって 1ドルが100 円で買えるようになりました。 これは「ドルが安く買えるようになった、 円の価値が高くなった」ということになるのです。

「円高」とは円の価値が高こと、「円安」とは円の価値が安いこと 1ドル=100円で買い、その後1ドル=110円になって売った場合に利益が出る 逆に1ドル=100円から、1ドル=90円になるという場合「損をする」 と思ってしまいますがFX取引では、 こういった状況になってもきっちりと利益を出すことができますが まだその方法を理解すると、ちょっとばかり混乱してしまうかもしれませんが それを理解する前に、まずは「円高」「円安」の意味を、しっかり 認識しておいてくださいね。

  • 2019 01.18
  • FXで為替レートが変動する理由 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。