FXと「季節」の関係

  • FXと「季節」の関係 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

FXは、基本24時間、365日、世界中で取引が行われていますが、 しかし年がら年中活発に取引が行われているわけではありません。 一年を通じて、市場は様々な行事の影響を受けています。

日本で言えば決算時期、ボーナス、祝日、お盆、クリスマス・・・ これらの行事や文化の季節的影響は、FX市場にも及びます。 日によっては活発に取引が行われたり、逆に取引の量が減ったり するわけです。日本のみならず、各国には「休日」があり、 その日は市場が休みなので、その国の人々は、積極的にFX取引を 行ったりしない場合があるからです。

休日の意味合いが国によって違ったりします。 日本の盆休みは 欧米でも夏季休暇を取る人が多く、市場は「夏枯れ市場」と言われます。 アメリカにとって感謝祭(11 月後半)やクリスマス(12月)は 重要な休日になりますが、そんなのはまったく関係のない国もあります。

そういうわけで日本と世界を比べても日本には四季がありますが中東 などは年がら年中厚かったり、同じく宗教や習慣の関係、 その日その時期による意味合いがまったく異なってくるわけです。

このことはFX取引において利損に大きく関係してくることなので 深く認識するべきことだといえます。

FXは「休み」も重要

FX一度始めたら、24時間、365日、休み無く続けていくものだと いうイメージをもっている人もいるかもしれませんが、 実際やってみて続けることで自分の取引感覚というものが わかっていくと思います。

特にはじめた頃はわけがわからず損失を出してしまうことも あるでしょうし、成功しているトレーダーであっても、 そういった経験をしているものです。

あまりに前のめりになって取引しないこと、 ある程度の精神的ゆとり、無理はせず、時には休養、休息をとる そういったことが大事です。

判断力が鈍っているときには、取引をしない。 ヘタに取引をすれば大ケガをしてしまうことが往々にして あるからです。いったん取引をやめ冷静になれば、 その間は損失もなく、資金が減ることもないわけです。

休んで違うことに興味を持ち脳みそをリフレッシュする、 くれぐれも何が何でも取り返してやる!といった状況は 危険ですので損失が損失を呼ぶマイナススパイラルに 陥る可能性があるので注意しましょう。

脳をリフレッシュしたあと取引を再開する場合は 小額の資金から再スタートするといいでしょう。

  • 2018 11.06
  • FXと「季節」の関係 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。